OLD STRUCTURE

鞆城跡(鞆の浦歴史民俗資料館)

(ともじょうあと)

福山市鞆町鞆

↑クリックで拡大 →鞆の浦の史跡マップ

関ヶ原の戦いで東軍が勝利すると、福島正則が安芸・広島と備後・鞆を領有し、鞆の地に鞆城を築き始めた。現在鞆城跡には「鞆の浦歴史民俗資料館」が建っている。

MAP

「鞆城跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY & DETAILS

海上交通の要地だった鞆の浦は、南北朝のころから「大可島城」が軍事的な要塞の役目を果たしていた。戦国時代になり毛利家が進出してくると、現在の鞆の浦歴史民俗資料館のある高台に鞆要害が築かれた。毛利輝元はここに本営を置いて、中国地方をねらう織田信長と対峙するようになる。天正元年(1573年)、信長によって京都を追放された室町幕府将軍・足利義昭は毛利家をたよって鞆に落ちてきた。(このため「鞆幕府」とも呼ばれる)

時代は秀吉の治世から関ヶ原の戦いを経て徳川家康の天下となった。毛利家は中国地方の領地の大半を奪われて防長2州(現在の山口県)に押し込められ、代わって関ヶ原で東軍についた福島正則が鞆の主となった。福島正則は鞆要害を中心とした大規模な「鞆城」の築城をはじめた。ところが、このことが家康の警戒心を買い、10年余りで廃城となってしまった。
のち、正則は広島城の修築をめぐって幕府から「いいがかり」をつけられ、安芸備後の所領を取り上げられ、信濃国へ追放されることになる。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (鞆城跡に残る石垣)

 (刻印つきの石についての説明)

 (鞆城跡からの眺め。左に福禅寺(対潮楼)、中央に圓福寺が見える)

 (眼下の鞆港)

 (福山市鞆の浦歴史民俗資料館)

 (資料館館内)

 (資料館の脇に立っている鞆城跡の説明板)