SENGOKU SPOT

山中鹿之助首塚

(やまなかしかのすけくびづか)

福山市鞆町鞆

↑クリックで拡大 →鞆の浦の史跡マップ

お家再興をめざす尼子家の遺臣・山中鹿之助は、毛利家打倒のため織田信長の支配下にはいって奮戦したが、播磨国上月城の戦いで毛利方に捕らえられ殺されてしまった。その首が鞆の浦に運ばれ、(前)将軍の足利義昭、毛利輝元がこれを確認(首実検)したあと、現地に葬られた。これが現在首塚として残っている。

MAP

「山中鹿之助首塚」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY & DETAILS

戦国時代、中国地方の覇権を目指した毛利家と尼子家の争いは、永禄9年(1566年)第二次月山富田城(がっさんとだじょう)の戦いで毛利側が勝利したことで決着がついた。しかし、尼子家の忠臣・山中鹿之助は何とか主家を再興させようと、織田信長に助力を依頼した。信長が毛利を滅ぼせば尼子家は復活できると考えたのだ。

織田家中で中国戦線担当だった羽柴秀吉は、天正5年(1577年)に獲った播磨国上月城(こうづきじょう)の守備を山中鹿之助らにまかせた。ところが翌天正6年(1578年)に毛利軍は3万の兵力で上月城を攻囲、鹿之助の奮戦もむなしく上月城は落城。鹿之助は捕らえられ、護送される途中、備中国阿井の渡しで殺されてしまった。

当時毛利家は対信長戦のため、本陣を鞆に置いていた。また信長に京都を追放された室町幕府15代将軍足利義昭も鞆にあって毛利家の庇護を受けていた。山中鹿之助の首は鞆の毛利本陣に送られ、足利義昭、毛利輝元の首実検を経て、静観寺住職により当地に葬られたのだった。

ちなみに山中鹿之助は、正しくは「山中鹿介(本名・山中幸盛(ゆきもり))」。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (鞆港方面から北へ向かう道は妙蓮寺でクランク状に曲がる。道の突き当たりに山中鹿之助首塚がある)

 (主家の尼子再興もかなわずに討たれた山中鹿之助の首塚)

 (説明板)

 (鹿之助の首塚の近くにささやき橋という小さな橋がある。−−百済の使節を迎えるため、大和朝廷から鞆に派遣された接待官の男女が恋に落ち、毎晩橋のたもとで逢瀬を繰り返していたのを咎められて、二人とも海に沈められてしまった。その後毎晩その橋の周辺で男女がささやきあう声が聞こえるようになった。このため人々はその橋を「ささやき橋」と名付けたという)