HISTORICAL SPOT

常夜燈

(じょうやとう)

福山市鞆町鞆

↑クリックで拡大 →鞆の浦の史跡マップ

江戸時代に建立され、地元では燈籠塔(とうろどう)と呼ばれている鞆の浦のシンボル・常夜燈。港に出入りする船を誘導する灯台の役目を果たしていた。

MAP

「常夜燈」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY & DETAILS

現在鞆港に立っている常夜燈は1859年(安政6年)に建立された。したがって海難にあった龍馬たちを載せた明光丸もこの常夜燈を見たことだろう。花崗岩を用いた堅牢なつくりで、高さ5.5メートルで基礎石は3.6メートル。

鞆の浦は古くから「潮待ちの港」と呼ばれていた。満潮時には太平洋側の海水が四国の東西から満ちてきて、瀬戸内海のちょうど中ほどにある鞆の浦沖でぶつかる。反対に干潮時にはここから東西に分かれていく。こうして鞆の浦沖で潮流の向きが逆になるため、潮のタイミングを待つ船がしばしば鞆の浦に寄港することになる。

江戸期には、北陸方面の米や海産物を関門海峡を回って大坂に運ぶ北前船などが、鞆の浦に寄港(寄港地でも荷の売買を行う)したり、瀬戸内航路の便船が寄港したりで港町は非常な賑わいを見せていたという。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (安政年間に築かれた(再建された)常夜燈は、伝統的な港町・鞆の浦のシンボルとなっている)

 

 (常夜燈近くの雁木。潮の干満に関わらずスムーズに舟荷の積み卸しができる)

 (同様の雁木が残る港の奥方向をのぞむ)