鞆の浦

Google Map

「圓福寺」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

圓福寺は、鞆の町の南に突き出た小さな半島の上にある。この地はもともと島で、南北朝(室町初期)時代は、大可島城(たいがしましろ)という城が築かれていた。戦国時代には村上水軍の拠点にもなった。鞆の津(鞆港)に隣接し、切り立った島の上から三方の海を見渡せるこの地は、軍事的にも要害の地だったのだ。

関ヶ原の戦いののち、鞆領主となった福島正則が、内陸側に大規模な「鞆城」を築城しはじめた。これに伴って大可島城は廃城となり、埋め立てによって島も陸続きとなった。この大可島城跡地に圓福寺が移転してきた。

紀州藩の軍艦「明光丸」が龍馬の「いろは丸」と衝突(いろは丸沈没事件)したあと、談判が鞆の浦で行われることとなり、紀州藩はこの圓福寺に宿をとることにした。当時龍馬はすでに海援隊を結成しており、バックには土佐藩がついていた。紀州藩は万が一を考えて防御に適した地を宿舎に選んだのだろう。一方、龍馬の方は廻船問屋・枡屋の屋根裏を借りて談判の日々を過ごしている。


  (「いろは丸事件」については、→いろは丸展示館

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (鞆の港から距離的には近いが、高台にあるため少々階段を登る必要がある)

 (圓福寺本堂)

 (ここは江戸時代以前、大可島城があった。鞆の浦は瀬戸内の水上交通の要地だったが、その軍事上のシンボルがこの城だった。いわば「海賊の砦」である。その大可島城は江戸初期、鞆城の築城時に廃城となった)

 (本堂の裏手から仙酔島と弁天島(手前の小さな島)をながめる)