STATION

下関駅

下関市竹崎町4丁目

↑クリックで拡大 →下関(関門地区)の史跡マップ

下関駅は本州の西端にある駅。三角屋根が特徴的な駅舎を持っていたが、2006年に放火事件によって焼失。

MAP

「下関駅」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY & DETAILS

1901年(明治34年)に山陽鉄道・馬関(ばかん)駅として開業し、翌年下関駅と改称した。1942年(昭和17年)関門トンネルの開通に伴って、細江町にあった駅舎がもっと西よりの現在の位置に移転した。

かつて、東京・大阪方面と九州を結ぶ長距離列車は機関車交換のため、必ず下関駅に停車し、またここを起点とする特急・急行列車も数多くあって構内は終日賑わいを見せていたが、山陽新幹線が開通して以降次第に優等列車の本数も減少し、現在発着する列車はほぼすべてが普通列車となってしまった。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (左奥方向が門司方面)

 (駅前にあるシーモール)

 (赤間神宮で行われる先帝祭のときは、市内でも花魁道中が披露される(駅前の交差点))