下関(関門地区)

Google Map

「壇ノ浦砲台跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

攘夷実行に燃える長州藩は、文久3年(1863年)5月10日、馬関(下関)海峡をはさんで対岸の田野浦に停泊していた上海行きのアメリカ商船・ペンブローク号を艦砲(庚申丸、癸亥丸の2艦)と沿岸砲で攻撃、ついで23日には、横浜から長崎へ向かっていたフランスの通報艦・キャンシャン号を砲撃し死傷者を出させた。さらに26日には、オランダ東洋艦隊の軍艦メデューサ号へも砲撃を加えて、死傷者と船体損傷の損害を与えた。

この長州藩の対外国船無差別攻撃に対して、まずアメリカが報復に出た。6月1日に戦闘準備を整えたアメリカ軍艦・ワイオミング号が下関に来襲、長州軍艦・壬戊丸(じんじゅつまる)、庚申丸(こうしんまる)に砲撃を加えて撃沈、癸亥丸(きがいまる)を大破させた。続く6月5日、フランスのセミラミス号とタンクレード号は、すさまじい砲撃で、応戦する壇ノ浦砲台、前田砲台を沈黙させ、さらに陸戦隊を上陸させて砲台を占拠し、長州軍と交戦し周辺の民家に放火して撤収した。

この敗北によって、長州藩は従来の武士を中心とする戦力では通用しないことを知り、高杉晋作の献策によって身分の別によらないまったく新しい軍隊である「奇兵隊」を創設した。そしてさらに長州藩は砲台を修復・増強し、下関海峡を封鎖し攘夷の態勢を継続した。

挑戦的な姿勢を続ける長州に対し、イギリス、フランス、オランダ、アメリカは4カ国は組織的な報復を決意。元治元年(1864年)8月5日、17隻から成る連合艦隊を組んで来襲し、下関沿岸を一斉に攻撃した。奇兵隊が守る壇ノ浦などの長州砲も盛んに応戦したが火力の差はいかんともしがたく、砲台はことごとく破壊され、陸戦隊が上陸して長州軍と交戦、ここでも長州軍は武器の差によって敗退せざるを得なかった。

完敗した長州側は8月18日に4カ国側と講和を結び、外国船の通行の自由を認め、必要なときに薪炭を供給するなどの便宜をはかり、賠償金300万ドル(ただしこれは幕府に払わせることになった)を支払うなどの条項を取り決めた。このとき長州側代表・高杉晋作は、領土割譲の要求だけは頑として拒否したという(この件は正式な記録には残っていないが、イギリスがそうした野望を持っていたことはおそらく事実だろう)。

ともあれこの戦いで西洋文明の威力を思い知らされた長州は、攘夷を捨てひそかに開国へと藩の方針を大転換した。そしてイギリスと接近し、以降幕府との戦いに的をしぼっていくことになる。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (嘉永6年(1853年)ペリー艦隊が来航して以降、初めて異国の「黒船」に向かって火を吹いたのが長州砲(八十斤カノン砲))

 (これらの大砲は、当時大砲を製造していた安尾家に伝わる1/20の模型から復元されたレプリカ)

 (こちらは、フランス軍が戦利品として持ち帰った長州砲が貸与のかたちで帰ってきたときに、その実物から精巧に模造されたもの)

 (銘には「天保製長州砲(写)下関東ロータリークラブ」とある)

 (上記の砲の由来が書かれた説明板)

 

→この他の写真を見る