MUST-SEE SPOT

諏訪神社

(すわじんじゃ)

長崎市上西山町

↑クリックで拡大 →長崎の史跡マップ

諏訪神社は、例祭「長崎くんち」で有名な神社で、地元では「おすわさん」として親しまれている。

MAP

「諏訪神社」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY & DETAILS

諏訪神社は、弘治年間(1500年代半ば)に、全国の諏訪信仰の総本社である諏訪大社(現・長野県諏訪市・茅野市・下諏訪町)から分霊されたことに発祥した社。当地は戦国時代からキリシタン大名の大村家の勢力下にあり、一時、この諏訪大社を含め伝統的な社寺が破壊されたが、江戸時代に入ってから再建された。

毎年10月7日から9日までの3日間に開かれる諏訪神社の例祭「長崎くんち」は、全国から大勢の観光客を集める。日本三大くんちのひとつ(他の2つは「博多おくんち」「唐津くんち」)。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (諏訪神社への石段を登る)

 (大門の向こうに拝殿が見える)

 (大門をくぐって振り返る長崎の町。対面に龍馬像の建つ風頭(かざがしら)公園が見える)

 (諏訪神社拝殿(本殿はこの奥)。左にあるのが神馬像)

 (諏訪神社拝殿)