長崎

Google Map

「グラバー園」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

トーマス・ブレーク・グラバー(1838年〜1911年(明治44年))は、スコットランド出身で、沿岸警備隊航海士の子として誕生。21歳のときに来日し、長崎にグラバー商会を設立。茶や生糸などの貿易業務に従事した。

攘夷運動が転じて、倒幕の機運が高まってくると、薩摩、長州、土佐などの雄藩を支援し、武器を調達することで利益を上げた。伊藤博文や井上馨(かおる) らの英国留学(密航)にも助力した。しかし最初から倒幕派を応援していたわけではなく、基本はビジネスのための活動であり、幕府側にも軍艦を斡旋したことがある。

明治維新後、戦乱が終息すると、グラバー商会は倒産。以後は高島炭坑の経営や三菱財閥の相談役として活動し、日本国内で一生を終えた。また、キリンビールの設立にも大きな役割を演じた(現在のキリンビールの「麒麟」ラベルは、グラバーの発案によるもの)。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (大浦天主堂正面から右方向への上り坂を進むと、ほどなくグラバー園入口が見える。入場すると、動く歩道で、まず旧三菱第2ドックハウスまで登り、後は園内を歩きながら下っていく。グラバー邸は最後に見学というルートが一般的)

 (グラバー園の最も高い場所に建つ旧三菱第2ドックハウス。ドックハウスとは、船が修理などのためにドック入りしているときに、船員たちが宿泊する施設)

 (旧三菱第2ドックハウスからの眺め。湾の対岸に三菱重工長崎造船所が一望できる。明治以降の長崎の発展は三菱が支えてきた。長崎市は三菱の企業城下町ともいわれる)

 (左(低い段):旧ウォーカー住宅、右:旧長崎地方裁判所長官舎)

 (旧リンガー住宅。フレデリック・リンガーは、最初グラバー商会に勤め、のちホーム・リンガー商会を設立して、貿易業や長崎の上水道建設、「ナガサキ・ホテル」などの建築に携わった)

→この他の写真を見る