長崎

Google Map

「上野彦馬宅跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

上野彦馬は天保9年(1838年)、長崎生まれ。安政5年(1858年)にオランダ軍医のポンペが教える医学伝習所で、化学を学んでいるときに、蘭書で湿板写真術のことを知り興味を抱く。その後、独力で研究を重ねて写真技術を確立し、文久2年(1862)年にこの地で「上野撮影局」を開業した。

彦馬は、下岡蓮杖(しもおかれんじょう)とともに日本でもっとも初期の写真家とされる。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (中島川(なかしまがわ)沿いにある上野彦馬宅(上野撮影局)跡)

 (碑の横の説明板)

 (道の先は、新長崎街道(国道34号線)の電車通りに突き当たる)

 (風頭公園(かざがしらこうえん)の坂本龍馬像のそばにある上野家墓地)