京都

Google Map

「天満屋事件跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

慶応3年(1867年)11月15日、坂本龍馬と中岡慎太郎は京都の潜伏先である近江屋で何者かに襲われ命を落とした。龍馬とともに海援隊で活躍していた 陸奥陽之助(むつようのすけ)は、龍馬を暗殺した犯人が、その年の4月に起きた「いろは丸」事件で多額の賠償金を支払わされた恨みをもつ紀州藩の藩士・ 三浦休太郎(みうらきゅうたろう) であると断じて、彼を討つことを決意。海援隊・陸援隊の中から仇討ちの同志を募った。

三浦側は危険を察知して、会津藩を通して身辺警護を新選組に依頼した。慶応3年12月7日(1868年1月1日)、陸奥ら15名の襲撃者は油小路の旅宿・天満屋2階で、護衛の新選組隊士・斎藤一、大石鍬次郎、吉村貫一郎らとともに酒を酌み交わしていた三浦休太郎を襲撃した。

このとき、襲撃側で龍馬を深く慕っていた十津川郷士出身の中井庄五郎(なかいしょうごろう)は、先手として部屋に飛び込み、三浦とおぼしき人物に一太刀あびせたが、その後燈火が消されたため、暗闇のなかで海援隊および陸援隊対新選組の斬り合いとなった。護衛側のだれかが機転をきかせて「三浦を討ち取ったぞ!」との声をあげたため、陸奥らは引き揚げたが、中井は新選組隊士に斬られ絶命した。

三浦休太郎は顔を負傷したのみで命に別状なく、維新後は明治政府に出仕。東京府知事も務め、明治43年(1910年)まで存命した。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (西本願寺の阿弥陀堂門の真東・油小路のかたわらに中井庄五郎殉難の地碑が立っている)

 

 (碑には「勤王之士 贈従五位 中井正五郎殉難の地」とある)

 (碑の向かい側にある「京町家旅館さくら」)