京都

Google Map

「新選組・不動堂村屯所跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

新選組が屯所を西本願寺から不動堂村へ移転したのは、近藤勇らが幕府直参になった5日後の慶応3年(1867年)6月15日だった。移転に際し、土方歳三の指示で吉村貫一郎が西本願寺と交渉の末、建築費・諸経費を西本願寺が負担することとなった。
屯所の広さは1万平方メートル。表門、高塀、玄関、長屋、使者の間、近藤、土方ら幹部の居間、平隊士の部屋、客間、馬屋、物見中間と小者の部屋、大風呂は30人が一度に入れた。大名屋敷と比べても遜色ない構えだった。12月14日、伏見奉行所へ引き払うまでの6カ月間、屯所として使用した。(現地案内板より)

新選組が不動堂村にいる間に、大政奉還があり、さらに元隊士である伊東甲子太郎ら御陵衛士の粛清(油小路事件)があった。その後薩長を中心とした倒幕勢力が起こした政変「王政復古の大号令」が慶応3年(1867年)12月9日に発せられると、新選組は京の都を去り伏見へ転出していくことになる。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (JR京都駅中央口から塩小路通りを西へ行き、堀川通りに突き当たったところに、リーガロイヤルホテル京都がある(写真の左上は堀川通りにかかるJR線路の高架)。写真の中央やや右よりの歩道橋を降りきったところに、不動堂村屯所跡の碑がある)

 (屯所跡碑はリーガロイヤルホテルの前だが、実際の屯所は道路反対側の安寧尋常小学校にあったとされる)

 (太鼓楼は、この地から600メートルほど北へ行ったところにある、以前の新選組屯所跡)

 (上の案内板の拡大)

 (説明板)

 (事あらばわれも都の村人となりてやすめん皇御心 近藤勇)

関連ページ