京都

Google Map

「福井藩邸跡(京都国際ホテル)」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

四賢侯の一人として幕政改革にあたった福井藩主・松平春嶽(まつだいらしゅんがく)の京都における活動拠点となった。二条城にいた徳川慶喜との地理的距離は非常に近い。

春嶽の手足となって活躍した福井藩士・橋本左内(はしもとさない)は、この藩邸を住居とした。のち、橋本左内は、将軍継嗣問題で一橋派として運動したことを井伊直弼に咎められ、安政の大獄で死罪となった。

坂本龍馬は勝海舟の紹介で、江戸の福井藩邸において松平春嶽に面会したが、その後、この京都福井藩邸にも何度か足を運んでいる。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (堀川通り沿いに建つ京都国際ホテルの正面右に、福井藩邸跡の碑がある)

 

 

 (福井藩邸跡の説明板)

 (ホテル正面左には、橋本左内の碑がある)

 

 (橋本左内寓居跡の説明板)