京都

Google Map

「池田屋跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

元治元年(1864年)6月5日、新選組は古高俊太郎を逮捕して尋問し、長州藩過激派による「テロ計画」の情報を入手する。長州藩は前年の文久3年(1863年)、八月十八日の政変で京都政局から追い出されたが、その劣勢を挽回するため、京都の町に火をはなち、混乱に乗じて天皇を長州に連れ去るという驚天動地の陰謀が進行中だというのだ。

陰謀にかかわる密議のため、志士たちが三条小橋の旅籠・池田屋に集結していることをつかんだ近藤たちは、これを会津藩に通報。しかしなかなか藩兵が到着しなかったため、時を逸することを危惧した近藤は少人数で突入することを決意した。

このとき、池田屋の2階に集結していた浪士たちは約30名。これに対し、新選組は、近藤勇沖田総司永倉新八藤堂平助の4名のみで斬り込んだ。

戦闘中、沖田(肺結核による喀血と言われるが諸説あり)と藤堂(負傷)が離脱。近藤は永倉と共に必死でしのぐうち、土方隊が応援に駆けつけ、会津藩兵も到着して池田屋周囲を固めると、浪士たちは追い詰められた。結局浪士たちは長州藩の吉田稔麿 (よしだとしまろ)、熊本藩の宮部鼎蔵(みやべていぞう)ら9名が死亡、4名が捕縛された。さらに翌日20名以上が逮捕された。

この池田屋事件の功績により、新選組は幕府・朝廷から感状と褒賞金を下賜され、その武名は一躍京都の町に広まることになった。 のち新選組は、慶応3年(1867年)に晴れて幕臣に取り立てられている。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (事件後も旅館として営業が続けられていたが、建物が取り壊されたあとはパチンコ屋など店舗の変遷を経て、現在は居酒屋となっている。店内には「大階段」など当時の旅籠の雰囲気をかもしだすような内装がほどこされている。(実際の階段は狭かったという))

 (新選組の隊士は、三条通りもしくは木屋町通りを経由したあと、高瀬川にかかるこの三条小橋を渡る。池田屋はもう目の前で、浪士たちそして新選組の面々にとっても運命のときが近づいていた)

 (池田屋見取り図−−新選組は当初、近藤、沖田、永倉、藤堂の4名で突入。近藤と沖田は裏階段を上がって2階の奥にいた尊攘派の浪士たちと戦闘を開始し、永倉、藤堂は逃げる浪士を一階で待ち伏せて斬り合った)