「油小路の変」発生地【PHOTO 1】

「油小路の変」発生地

■「油小路の変」発生地 (伊東甲子太郎の遺骸はここ七条油小路(しちじょうあぶらのこうじ)の辻(広い方が七条通り・右が東)に放置され、遺骸を引き取りに来た藤堂平助らが、待ち伏せていた新選組に斬殺される。伊東が襲われたのはここから少し南の本光寺(ほんこうじ)近くの木津屋橋(きづやばし)通りといわれる)

「油小路の変」発生地

■「油小路の変」発生地

「油小路の変」発生地

■「油小路の変」発生地 (七条油小路の辻を北側から。油小路を奥行き方向に100メートルほど行くと、本光寺があり、門前に伊東甲子太郎殉難の碑がある)

「「油小路の変」発生地」のページへ戻る

京都の史跡マップ

京都の史跡マップへ

「幕末トラベラーズ」のトップページへ