京都

Google Map

「本間精一郎遭難地」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

本間精一郎は越後出身の勤王志士で、清河八郎や吉村寅太郎などと連絡をとりながら京都で尊皇攘夷運動に身を投じていた。

しかし本間は能弁で才がききすぎたためか、同じ志士仲間の信用を失い、裏切り者として命を狙われる羽目に陥ってしまった。尊攘運動の英雄になろうとしていたことを警戒されたとも、佐幕派と通じていたとも言われている。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (岡田以蔵(おかだいぞう)・田中新兵衛(たなかしんべえ)ら6名に挟み撃ちにされた本間精一郎は必死に防戦したが、ついに力尽きた)