旧前川邸【PHOTO 1】

旧前川邸

■旧前川邸 (綾小路通りを東から進んでくると、道沿いに新選組の壬生屯所跡となる旧前川邸の長屋門が見える。綾小路通りは突き当たりの店で少し左にずれているがまだ先に続いている)

旧前川邸

■旧前川邸 (綾小路通りと坊城通りに面している旧前川邸。沖田総司は屯所周辺で子供たちを集めてよく遊んでいたという)

旧前川邸

■旧前川邸 (シンプルな装いの長屋門からは、当時の屯所の雰囲気がリアルにただよってくるようだ。だんだら羽織の裾をなびかせて長屋門をくぐり、京の町へ繰り出す隊士たちの姿が思わず想像される。ただし新選組のトレードマークともなっている羽織は、目立って探索の障害になるということもあったせいか、実際にはあまり使用されなかった)

旧前川邸

■旧前川邸 (ふだんは非公開だが、土日祝は売店が開く)

旧前川邸

■旧前川邸 (坊城通りに面した側には、島原の芸妓・明里が山南敬助に別れを告げた出窓があったが、現在は板塀でふさがれている)

旧前川邸

■旧前川邸 (すぐ左側(西側)に壬生屯所の八木邸がある)

「旧前川邸」のページへ戻る

京都の史跡マップ

京都の史跡マップへ

「幕末トラベラーズ」のトップページへ