京都

Google Map

「翠紅館跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

文久3年1月27日には、土佐藩・武市半平太、長州藩・井上聞多(いのうえもんた)、久坂玄瑞(くさかげんずい)ら多数の志士が集まり、さらに、同年6月17日には、長州藩・ 桂小五郎、久留米藩・真木和泉(まきいずみ)ら、各藩の代表者が集まり、攘夷の具体的方策が検討された。これが世に言う「翠紅館会議」である。(京都市の案内札より)

ここでは、孝明天皇みずから攘夷を祈願いただく大和行幸の件も、最重要の議題のひとつとして討議されたはずである。そして文久3年(1863年)8月13日に、ついに大和行幸の詔(みことのり)が発せられた。長州藩を中心とした尊王攘夷派はもはや天下を取った気分になったかもしれない。しかし、その直後の8月18日、突如として尊攘派は京を追い出される。薩摩藩を中心とした宮廷クーデターだった。このあと尊攘派は苦難の時代をむかえることになる。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (翠紅館内の送陽亭には、ここで会合を開いた桂小五郎、武市半平太、久坂玄端、井上馨、真木和泉ら参加者の肖像写真が飾られている)