京都

Google Map

「吉村寅太郎寓居跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

吉村寅太郎は、土佐の庄屋の子として生まれ、武市半平太に師事して強烈な尊皇攘夷の志をもつようになった。土佐を脱藩後、国事に奔走。寺田屋事件に関わって逮捕された。(坂本龍馬の脱藩は吉村の影響が強い)

その後許されたが、孝明天皇が攘夷を神に誓う大和行幸に合わせて、天誅組(てんちゅうぐみ)を組織して、倒幕のために挙兵した。

しかし、直後に「八月十八日の政変」が起こって攘夷派は一掃され、天誅組も孤立。大和国周辺をさまよいながら絶望的な戦いを続け、文久3年(1863年)9月には吉村寅太郎が討死。天誅組は壊滅した。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)