京都

Google Map

「光縁寺」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

山南敬助(やまなみけいすけ)(または「さんなんけいすけ」)は仙台藩出身の北辰一刀流の使い手ながら温厚な人柄で知られ、壬生の屯所あたりではひろく「親切者のサンナンさん」と呼ばれて親しまれていた。一度は総長という地位にのぼりながら、近藤勇ら首脳陣との確執が生じて新選組を脱走。しかし途中で沖田総司に連れ戻され、隊規違反で切腹させられた。

その山南が葬られているのが、切腹した屯所・旧前川邸と目と鼻の先にある、ここ光縁寺である。寺紋と山南家の紋が同じだった縁で菩提寺になったという。

ここには、沖田総司の悲恋物語に登場する京娘に結びつく墓もあり、新選組ファンにとっては重要なスポットとなっている。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (側面に「沖田氏縁者」と掘られた墓石。過去帳に記載があるのみで真実はわからないが、沖田総司の京都時代の恋人ではないかという声があとをたたず、昭和51年にこの寺の住職が供養のために建てたという)

 (右・山南敬助ら5名の墓。中央・大石造酒蔵(おおいしみきぞう)の墓。新選組隊士・大石鍬次郎の弟で、同じく新選組隊士の今井裕二郎に殺されたという。左・松原忠司ら12名の墓)

 (新選組に暗殺された元隊士の伊東甲子太郎や藤堂平助も当初は光縁寺に葬られたが、のち戒光寺に改葬されたという)