京都

Google Map

「近江屋跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

慶応3年11月15日(1867年12月10日)の夜、坂本龍馬と中岡慎太郎は醤油商・近江屋の2階で火鉢を囲んでいた。寺田屋襲撃事件から2年近く、幕府の敵として命をねらわれていた龍馬は、海援隊本部のあった酢屋からこの近江屋に移ったばかりだった。この日は風邪気味で、慎太郎とともに暖かい軍鶏鍋(しゃもなべ)を食べたいと思い、小者の峰吉を使いにやらせていた。峰吉が鶏を買いに出た間に、数人の男が押し入って階上に上がり、防戦する暇を与えずに龍馬の額を一刀で断ち割ったという。

いきなり致命傷を受けた龍馬はほとんど抵抗もできずにその場で絶命。2日後に死んだ中岡慎太郎の口から現場の様子が語られたが、結局真犯人は不明のままである。 当時はもっぱら新選組が手を下したと見られていた。のち、戊辰戦争が終結したときに、官軍が新選組の大石鍬次郎を尋問して得られた供述によると、京都見廻組の佐々木只三郎(ささきたださぶろう)、今井信郎(いまいのぶお)らが実行犯であったという。 ただしその裏には、大政奉還によって徳川武力討伐のきっかけを奪われた薩摩藩、もしくは「いろは丸事件」で海援隊に7万両の償金を払わされた紀州藩による策謀があったという説もある。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (坂本龍馬と中岡慎太郎が襲われた土佐藩御用達の醤油商・近江屋跡)

 (現在の河原町通りをへだててすぐ向かい側に土佐藩邸があった。道路の先のほうに四条河原町交差点角に建っていた阪急百貨店がみえる)

 (龍馬が暗殺された京都・近江屋の部屋を復元したもの 【高知・坂本龍馬記念館】)