高知

Google Map

「清岡道之助旧邸」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

安芸郡田野村の郷士・清岡道之助は、若くして学問・兵法にすぐれ、武市半平太と同様、勤王の思いをつよく抱く志士に成長した。文久3年(1863年)の八月十八日の政変以降、土佐勤王党が弾圧され、ついに武市も投獄される事態となって、清岡は義憤をつのらせ、ついに配下の同志とともに総勢23名で野根山(のねやま)に屯集、藩政改革、武市の釈放を藩に嘆願した。

藩はこれを強訴・反逆とみなして鎮圧軍を出動させ、清岡らは阿波国に向け逃亡したが捕縛して送還され、23名は奈半利(なはり)河原ですべて処刑された。

道之助旧邸から1kmあまり南の奈半利川河畔に、二十三士殉節之地の碑が建てられている。碑文の揮毫は、生家がすぐ近くにある浜口雄幸による。