高知

Google Map

「桂浜」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

桂浜の坂本龍馬像を制作したのは、本山白雲(もとやまはくうん)。戦国時代の土佐の武将、本山茂辰(もとやましげとき)の末裔にあたる。本山茂辰は宿敵・長宗我部家と長年抗争を続けていたが、のちに四国全土を統一した若き日の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の軍略に敗れて零落し、本山家はその後の江戸期を土佐の郷士として生き延びた。

銅像は、高知県の青年有志が募金によって2万5千円を集めて建設資金とし、昭和3年に除幕式が行われた。毎年秋(龍馬の誕生日であり命日でもある11月15日をふくむ)には、龍馬と同じ高さで海を眺められるよう、像のそばに展望台が設けられる。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (像の高さは5.3m、台座からの高さは13.5m。 昭和初期につくられた堂々たる像は、高知の人にとって龍馬が特別な存在であることを物語っている)

 (像の傍らに設置されている、龍馬と龍馬像に関する説明)

 (龍馬像の下、美しい砂浜が広がる桂浜)

→この他の写真を見る