高知

Google Map

「日根野道場跡付近」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

このあたりは鏡川の川辺にあたり、水害を防ぐために石垣を築いて建てた屋敷がならぶ築屋敷(つきやしき)とよばれる地域だった。

少年時代泣き虫だった龍馬は、日根野道場で鍛えられたことでたくましい青年に育った。嘉永6年(1853年)には、「小栗流和兵法事目録」を授けられた。この年、龍馬はさらなる修行を求めて、溝渕広之丞(みぞぶちひろのじょう)とともに江戸に旅立ち、千葉定吉道場の門弟となる。 

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (龍馬誕生の地碑近くの上町一丁目交差点を南下してくると、やがて鏡川の堤防に突き当たる。斜面を上がった堤道を右に折れると、日根野道場跡の標柱が立っている)

 (上の地点から斜面を上がって右に曲がったところ)

 (道の左側は、鏡川の河川敷に面した築屋敷。日根野道場もその中に建っていた)