高知

Google Map

「高知城」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

高知の街は、桂浜などがある海岸線からは意外と離れている。現在の高知市街をつつみこむ高知平野はもともと湿地帯であり、戦国時代、四国全土を統一した長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)も、いったん築城した大高坂山(おおたかさやま)(現在の高知城のある場所)から、桂浜近くの 浦戸城 (うらとじょう)に本拠地を移している。

徳川家康は、関ヶ原の戦いで西軍に加担した長宗我部家の版図を没収し、代わりに 山内一豊 (やまうちかずとよ)に土佐一国を与えた。一豊はさいしょ浦戸城に入ったが、城下町建設には大高坂山のほうが適していると考え、この地に現在の高知城の築城をはじめた。

山内家を新たな主君とした長宗我部家の遺臣たちは、同じ武士であっても山内家の家臣たちとは差別をつけられた。いわゆる「上士(じょうし)、下士(かし) 」の関係である。明治維新で活躍した多くの志士がそうであるように、土佐藩でも抑圧された身分である下士たちが、活躍の場を求めて武市半平太の「土佐勤王党」に参加したり、脱藩に走ったりした。坂本龍馬もそのひとりである。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (勇壮な4層6階の高知城天守。重要文化財(旧・国宝)に指定されている)

 (天守近影)

 (天守より、東側(高知駅方面)の市街地中心部をのぞむ)

 (追手門(おうてもん)と天守)

 (土佐藩を戊辰戦争に参加させ、明治以後は自由民権運動に身を投じた板垣退助の像)

→この他の写真を見る