MUST-SEE SPOT

嘉例川駅

(かれいがわえき)

鹿児島県霧島市隼人町

↑クリックで拡大 →霧島の史跡マップ

JR九州・肥薩線(ひさつせん)の駅。明治36年(1903年)1月開業の古い駅舎で、国登録有形文化財に指定されている。レトロな木造建築が人気で、駅舎内には昔懐かしい長椅子や出札窓口が残り、タブレット閉塞機や看板類なども見ることができる。

MAP

「嘉例川駅」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY & DETAILS

肥薩線
昭和2年(1927年)に海岸沿いに鹿児島本線が開通するまで、現在の肥薩線が鹿児島本線を名乗っていた。嘉例川駅の充実した駅舎施設や長く延びたホームも幹線鉄道時代を彷彿とさせる(ホームは2面あったが現在使用されているのは1面のみ)。
現在は、ひなびたローカル線であるが、嘉例川駅や大隅横川(おおすみよこがわ)駅などの古い駅舎、スイッチバックやループ線、国見山地と球磨川(くまがわ)を縫いながら変化に富んだ車窓を楽しめるなど見どころが多く、霧島観光の呼び物のひとつにもなっている。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (嘉例川駅の周辺)

 (明治36年(1903年)1月開業の駅舎)

 (長いホームは本線時代の名残で、皇太子時代の昭和天皇が乗降されたこともある。奥行き方向が隼人方面)

 (北へ向かうと、吉松、人吉、八代へ)

 (駅待合室)

→この他の写真を見る