霧島

硫黄谷温泉

(いおうだにおんせん)

鹿児島県霧島市牧園町

硫黄谷温泉は、国民温泉保養地にも指定されている霧島温泉郷の中でも中心的な存在。

坂本龍馬夫婦が訪れたとされる「霧島館」は、その後霧島ホテルとして温泉宿の伝統を今に伝えている。

MAP

「硫黄谷温泉」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY & DETAILS

塩浸温泉で療養を続けていた龍馬は、3月28日に栄之尾(えのお)温泉に療養中の小松帯刀を見舞ったあと、硫黄谷温泉に宿泊した。 (栄之尾温泉は薩摩藩藩主・島津斉彬が訪れ、さらに次代藩主(久光の子)・島津忠義の避暑地ともなった)

硫黄谷温泉には、斉藤茂吉、与謝野晶子らの歌人や文化人、政治家なども多く訪れた。霧島ホテルには女性用露天風呂「晶子の湯」、男性用の「鉄幹の湯」がある。