塩浸温泉【PHOTO 1】

塩浸温泉

■塩浸温泉 (国道223号を北から来たところ。前方の橋を渡った対岸にかつては温泉施設が建ち並び、全盛期には宿7軒2500名を収容できたという。現在は塩浸温泉龍馬公園として整備され、資料館と入湯施設、足湯がある)

塩浸温泉

■塩浸温泉 (国道から見た龍馬とお龍の像)

塩浸温泉

■塩浸温泉 (公園入り口。向こうの山の斜面に見える小道は、和気神社、犬飼滝方面に続いているという。龍馬たちはこの道を通って滝見物に行ったのかもしれない)

塩浸温泉

■塩浸温泉 (温泉施設。男湯は「龍馬の湯」、女湯は「お龍の湯」)

塩浸温泉

■塩浸温泉 (「縁結びの足湯」)

塩浸温泉

■塩浸温泉 (龍馬関連の資料を展示している資料館「この世の外(そと)」。龍馬が姉・乙女宛てに書いた手紙の中の文言から)

【PHOTO 2】へ続く

「塩浸温泉」のページへ戻る

霧島の史跡マップ

霧島の史跡マップへ

「幕末トラベラーズ」のトップページへ