京都(伏見)

Google Map

「御香宮神社」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

薩摩軍は、当初伏見薩摩藩邸内に待機していたが、旧幕府の歩兵部隊、会津藩兵、新選組が伏見奉行所に集結するのを見て、本営を伏見奉行所からほど近い御香宮神社に移した。旧幕府側は戦力1500以上、対する新政府(薩摩)側はその半数ほどだったが、御香宮神社は伏見奉行所を見下ろすような位置にあり、薩摩軍が正確な砲撃を繰り返し加えたため、ついに伏見奉行所は焼け落ちた。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (近鉄京都線・桃山御陵前から伏見城跡に通じる大手筋通り。御香宮神社の大鳥居が堂々とそびえ立つ。鳥居の左側の樹木が茂ったところは神社境内。南(右方向)にあった伏見奉行所よりも高台であり、新政府軍は効果的に砲撃することができた

 (豊臣家滅亡後、徳川家光の時代に伏見城は廃城となり、その遺構は二条城や福山城に移築された。この御香宮神社の表門は、伏見城の大手門を移築したもので、国の重要文化財に指定されている)

 (表門から続く参道)

 (神社拝殿)

 (伏見の戦跡碑)

 (伏見の戦跡碑)

 (「伏見の戦跡」についての説明板)