京都(伏見)

Google Map

「寺田屋」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

【薩摩尊皇派の粛正】
文久2年(1862年)3月に薩摩藩のリーダーである島津久光(藩主の父)は藩兵1000を率いて上洛。朝廷と幕府が連携する公武合体路線を推し進めるのが目的だった。ところが、久光の上洛に期待していた急進的な尊皇(倒幕)派である薩摩藩士・有馬新七(ありましんしち) らは、久光が予想外に幕府寄りの立場であることを知って憤慨し、自分たちのみで決起することとした。
文久2年4月23日(1862年5月29日)、関白・九条尚忠(くじょうひさただ)、京都所司代邸を襲うため、有馬新七、西郷従道(さいごうじゅうどう)(西郷隆盛の弟)、大山巌(おおやまいわお)らは寺田屋に集結。これを知った久光が暴発を抑えるために大久保一蔵(おおくぼいちぞう)(利通)らを派遣したが、説得は失敗。大久保同行の藩士たちと斬り合いになり、有馬新七は討死。計9名が命を落とした。

【坂本龍馬が襲われる】
慶応2年1月23日(1866年3月9日)の深夜、伏見の寺田屋に宿泊中の坂本龍馬は、伏見奉行所の幕府捕り方に包囲された。その気配に気づいた入浴中の龍馬の恋人・お 龍(りょう)は、急ぎ階段を駆け上がって龍馬に危急を告げた。龍馬は踏み込んだ幕吏たちに拳銃で応戦し、同宿の長州藩・三吉慎蔵(みよししんぞう)も槍をふるって戦った。龍馬は左右の指を負傷しながら、からくも寺田屋を脱出し大手橋近くの材木小屋に隠れた。
その間にお龍は、薩摩藩邸に助けを求めて駆け込み、薩摩藩は小舟を出して龍馬を救出し藩邸に収容した。
西郷隆盛は、龍馬とお龍を船で鹿児島へ逃し、龍馬は薩摩領内で療養しながらお龍とふたり旅を楽しんだという。これが日本初の新婚旅行とも言われている。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (正面右手の庭に建てられている薩摩九烈士の碑と坂本龍馬像)

 (寺田屋の二階客室。寺田屋は宿泊することも可能で、一般の見学は午後4時までとなっている)

 (柱に残されている刀傷)

 (幕府捕り方に囲まれたときに、お龍が入っていたという風呂桶)

 (お龍が風呂を飛び出して、二階の龍馬に急を告げに駆け上がったとされる階段)

 (外観。以前は当時の建物がそのまま残っているものとされていたが、最近では、寺田屋は鳥羽伏見の戦いで焼失し、現在の建物は明治になって再建されたものという)

→この他の写真を見る