横浜

Google Map

「掃部山公園」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

明治時代にこの高台の土地は井伊家の所有となり、明治42年(1909年)横浜開港50周年を記念して、井伊直弼の銅像が建立された。このときから掃部山(かもんやま)(井伊直弼の官位=掃部頭(かもんのかみ)から)と呼ばれるようになった。

大正3年(1914年)、掃部山は横浜市へ寄贈された。太平洋戦争中、金属供出令によって銅像は失われたが、昭和29年(1954年)の開国100周年を記念して再建された。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (衣冠束帯姿の井伊直弼像)

 (銅像の背面下部にある、直弼の紹介と銅像建立の由緒)

 (横浜ランドマークタワーを見つめる(?)井伊直弼。横浜再開発のシンボル・横浜ランドマークタワーは日米修好通商条約締結から135年後の1993年に完成した)

 (横浜市長による井伊直弼の顕彰碑)