横浜

Google Map

「横浜税関」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

安政6年(1859年)6月の横浜開港に合わせて、現在の神奈川県庁舎のある場所に神奈川運上所が開かれた。 神奈川運上所は、神奈川奉行の指揮下にあり、横浜港を出入りする貨物の監視、関税の徴収のほか、横浜港周辺の治安維持や幕府の外交窓口など、幅広い業務を担当した。(ちなみに運上(うんじょう)とは、おもに農業以外の営業利益にかけられた税金のこと)

明治5年(1872年)11月に、神奈川運上所は、「横浜税関」に改称。明治18年(1885年)に現在の場所に移転した。それまで使用していた庁舎は神奈川県に譲り渡され、県庁舎として使われるようになった。

昭和9年(1934年)横浜税関の本関庁舎(クイーンの塔)が完成し、現在まで使われている。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (イスラム風のデザインがユニークな横浜税関・本関庁舎。「クイーンの塔」がシンボル)

 (横浜の観光スポットを周回するバス「あかいくつ」。横浜税関前交差点の県庁側から)

 (正面玄関を形作る半円形のアーチはロマネスク様式)