江戸

Google Map

「大村益次郎像」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

大村益次郎(改名前は村田蔵六)は、文政7年(1824年)5月に周防国鋳銭司村の医者の家に生まれ、23歳のときに大坂に出て、緒方洪庵の適塾で学んだ。塾頭までのぼり、蘭学・兵学のエキスパートとなった益次郎は、いったん故郷で村医の仕事につき、その後、宇和島藩に出仕して砲台建設や軍艦建造の事業に携わった。この時期、益次郎は長崎でシーボルトの娘・イネと出会っている。

安政3年(1856年)に江戸に出た益次郎は、幕府の蕃書調所講武所で兵学・蘭学の教授となり、蘭書の翻訳などにも携わり幕府から非常に高い評価を受けた。ときに江戸に出府していた長州藩の桂小五郎は、自藩の出身者が英才をふるって江戸で活躍していることに驚き、藩に迎え入れるよう働きかけて、万延元年(1860年)に益次郎は長州藩士となった。

その後益次郎は、長州藩の軍事顧問として藩の軍制改革を推し進めた。幕長戦争(第二次長州征伐)が始まると、石州口(山陰方面)の司令官として前線に立ち、大胆かつ合理的な戦略で幕府軍を圧倒した。

さらに戊辰戦争では、東征大総督府補佐となり、江戸総攻撃の立案に当たる。江戸城の開城により総攻撃は回避されたが、旧幕府勢が彰義隊を名乗って上野にこもり抗戦したため、益次郎が実質的な総司令官の任につき、的確な戦略のもとに1日でこれを討伐した(上野戦争)。

明治新政府では兵部大輔に任じられ、徴兵制を基本とした西洋式近代的軍隊を整備すべく次々と改革を打ち出していったが、こうした急速な改革が守旧派の反発を買い、明治2年(1869年)9月4日、京都三条木屋町の旅館で刺客に襲われ重傷を負った。このときの傷がもとで敗血症を起こし、大阪の病院で11月5日に死去。享年46。楠本イネが益次郎を見舞い、最期まで献身的に看病したという。

益次郎は、戊辰戦で朝廷のために命をささげた兵士たちを祀る招魂場を献策したが、その原型は高杉晋作が創始した下関・桜山招魂場とされる。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (靖国神社境内に立つ堂々たる大村像は、高さ12メートル。彫刻家大熊氏広の手による日本初の西洋式銅像で明治26年に完成した)

 (西郷、坂本、高杉など「幕末の英雄」に比べると存在感は地味な大村益次郎だが、この男がいなければ長州が幕府に勝っていたか、新政府軍が旧幕府に勝っていたかおぼつかない。その天才的な戦略により、まるで現在のコンピュータがシミュレーションゲームを行うように、計算ずくの勝利を積み重ねていった)

 (東向きの大鳥居)

 (銅像の説明板)

 (「さくらまつり」期間中の靖国神社)

 (円柱部分に刻まれた碑文)