江戸

Google Map

「彰義隊の墓」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

彰義隊は、旧幕軍が鳥羽伏見の戦いで敗れ、徳川慶喜が恭順の意を示したあとも、あくまで幕府に忠義を貫き、幕威を再興しようとする旧幕臣たちを中心に構成されていた。

新政府は、徳川慶喜が謹慎先の上野寛永寺から水戸へ帰ってからも、依然として不穏な動きをつづけ武装解除にも応じない彰義隊の討伐を決定。慶応4年5月15日(1868年7月4日)、新政府軍が、上野寛永寺周辺にたてこもる彰義隊を包囲した。雨中の激戦の末、新政府軍の圧倒的な火力により、わずか1日で彰義隊は壊滅した(上野戦争)。

上野戦争は、戊辰戦争(新政府軍と旧幕軍勢力との戦い)で、江戸市中で起きた唯一の組織的な戦闘である。100名以上といわれる彰義隊戦死者は当地で荼毘(だび)に付されたが、逆賊とみなされた彼らの墓を建立することが許されたのは、ようやく明治7年になってからだった。その墓碑銘も政府をはばかって「彰義隊」の名は記されていない。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (「戦死之墓」の墓碑銘は、旧幕臣・山岡鉄舟の筆によるもの。彰義隊は明治政府にとって逆賊であり、その名を顕すことがはばかられたためにこのような銘になったという)

 (墓石の前の小さな板碑。説明板によれば、明治2年、寛永寺子院の寒松院と護国院の住職が、密かに付近の地中に埋納したものと書かれている。)

 (台東区教育委員会の説明板)