江戸

Google Map

「大久保公哀悼碑」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

内務卿・大久保利通は、明治11年(1878年)5月14日朝、三年町裏霞ヶ関の自邸を2頭立ての馬車で出発し、弁慶橋(赤坂見附交差点からホテルニューオータニ側へかかる橋)を渡り、明治天皇の赤坂仮皇居(現在の東宮御所)に向かっていた。

そして仮皇居を目前にした紀尾井坂にかかるあたりで、大久保の政策に反対する士族・島田一郎ら6名による襲撃を受けた。襲撃犯らはまず御者を斬り、ついで馬車の中にいた大久保を引きずり下ろして斬殺したのである。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (清水谷公園内に建つ石碑)

 (清水谷公園の場所は、もと紀伊徳川家の屋敷の一部。向こうに見えるグランドプリンスホテル赤坂(旧称・赤坂プリンスホテル)も、同じ紀伊徳川家の屋敷内)

 (清水坂と呼ばれた道。左側が碑のある清水谷公園。この道の奥行き方向(赤坂見附側)からやってきた大久保の馬車は、この近辺で待ち伏せしていた暗殺者たちに襲われたと思われる。ここを過ぎれば三叉路を左折して紀尾井坂に至る)

 (この紀尾井坂を登ったところが赤坂仮皇居(現・東宮御所)。当時皇居が火災で焼失していたため、明治天皇は仮皇居に居住されていた。大久保は天皇に謁見のため当地に向かっていたのである。この道路の左側はかつての井伊家の屋敷(ホテルニューオータニ)、右側は尾張徳川家の屋敷だった)

 (大久保公哀悼碑とホテルニューオータニ別館(ガーデンタワー))

 (大久保公哀悼碑の傍らにある説明板)

 (清水谷公園入り口にある「紀尾井町」の説明板の一部。紀尾井の名は、紀伊・尾張・井伊の三家の屋敷が相接していたことから)