江戸

Google Map

「増上寺」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

増上寺は、室町時代、足利義満によって南北朝合一がなった翌年の明徳4年(1393年)に、聖聡(しょうそう)上人によって開山された。のち徳川家康は、江戸入府した折りに、住職だった存応(ぞんのう)上人に帰依し、増上寺を菩提寺に定めた。以降徳川家の手厚い保護を受けて増上寺は興隆を極めた。

徳川家廟所は、太平洋戦争以前には(旧)国宝として、二代将軍秀忠霊廟、崇源院(すうげんいん)(秀忠継室−お江(ごう))霊牌所などの建造物が壮麗な姿をほこっていたが、戦火でほとんどが焼失してしまった。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (大門方面から見た増上寺山門)

 (増上寺山門(三門)。三門は三解脱門のことで、貪欲・瞋恚(しんに)(=怒り・憎しみ)・愚痴の三悪を解脱するという意味)

 (本堂(大殿(だいでん)))

 (大殿内部。本尊は室町時代に制作された阿弥陀如来像)

→この他の写真を見る

関連ページ