江戸

Google Map

「試衛館跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

天然理心流の創始者は、近藤内蔵之助(こんどうくらのすけ)という遠江国出身の剣客で、江戸に出て剣術道場を開いた。以後代々、跡継ぎにふさわしい弟子を養子にするなどして、道場主は近藤姓が続いた。

市谷柳町に試衛館を開設した天然理心流3代目・近藤周助もまた、多摩の農家出身の宮川勝五郎の腕と人柄をたいへん気に入り、勝五郎は周助の跡をついで4代目を襲名し、宮川勝五郎→近藤勇と名を変えるのである。

試衛館の道場主となった近藤勇のもとには、土方歳三沖田総司、山南敬助らが入門し、永倉新八藤堂平助らの食客と言われるメンバーもここに集った。こうして、幕末の世にその名をとどろかせた新選組は、市谷のこの地で産声をあげたのである。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (市谷柳町交差点から住宅地の中に入りこんだ一角に、試衛館跡の碑が建っている。近藤、土方、沖田、藤堂、永倉ら幕末史をいろどる剣士たちが日々この辺りを闊歩していたのだろう)