江戸

Google Map

「御殿山下台場跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

「台場」とは、砲台を設置した要塞のこと。嘉永6年(1853年)にペリーが来航し、1年後の再来を約して帰って行くと、幕府は江戸防衛のための台場の建設を急いだ。建設の責任者は、伊豆韮山代官・ 江川太郎左衛門(えがわたろうざえもん)である。

この江戸湾の台場は「品川台場」と呼ばれ、全部で11基の建設が予定された。品川の御殿山などから土を運び、埋め立てによって海上に人工島を築きその上に砲台を設置するという計画である。

このうち実際に建設されたのは8基(第一台場〜第七台場と、旧第四台場の代わりに建設された御殿山下台場)。 御殿山下台場は唯一の陸上台場だった。現在の台場小学校の敷地は、御殿山下台場の半分を占め、外郭をなぞる道路により五角形をした当時の台場の形状が確認できるということだ。

品川台場のうち現存している台場は、第三台場と第六台場で、第三台場は「台場公園」として一般に開放されている。

「お台場」という語は、幕府(おかみ)が建設主であることによる呼称。現在「お台場」というと、住所としての港区台場(フジテレビなどのある一帯)だけでなく、13号埋立地(船の科学館や青海流通センターなどを含む)全体をさすことも多い。また、10号埋立地(東京ビッグサイト、有明コロシアム、東京港フェリーターミナル)も含めた臨海副都心全体をさすこともある。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (御殿山下台場の跡地にある港区立台場小学校)

 (明治になってから第二台場に建てられた灯台の模型。その下の石垣はこの場所から発掘された御殿山下台場のもの)