MUST-SEE SPOT

白木屋漆器店

(しろきやしっきてん)

会津若松市大町1丁目

↑クリックで拡大 →会津の史跡マップ

白木屋漆器店は、江戸時代慶安年間に創業した会津漆器の老舗。享保年間から現在の場所で漆器の製造販売業を行っている。

MAP

「白木屋漆器店」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY & DETAILS

会津では、古く蘆名氏の時代から漆栽培や漆器づくりが行われていたが、蘆名氏を滅ぼした伊達氏に変わって、天正18年(1590年)に会津地方の領主となった蒲生氏郷が地場産業の育成に力を入れ、そのひとつとして漆器の製造を本格的に始めさせたのが、現在の会津塗の源流となっている。

白木屋漆器店は、慶安年間に創業した会津漆器の老舗。享保年間から現在の場所で累代漆器の製造販売業を継続、戊辰戦争後には、荒廃した当地漆器界の復興にあたった。ルネッサンス様式を取り入れ、大正3年に竣工した土蔵造り3階建ての当社店舗内では、1000種類以上の漆器を常時取り扱っている。(白木屋漆器店HPより)

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (会津塗りの老舗・白木屋漆器店は、清水屋旅館跡に建つ大東銀行の向かい側にある)

 (大正初期に竣工したレトロな建物が現役の店舗として活躍している)