会津

Google Map

「如来堂」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

新選組と会津軍が母成峠の戦いに敗れたあと、土方歳三は、援軍を請うとして庄内へ向かったが、斎藤一(山口二郎(次郎))は「今、落城せんとするのを見て、志を捨て去る、誠義にあらず」と言い、あくまで会津のために戦うことを決意。志を同じくする20数名とともに如来堂を本陣として新政府軍(西軍)への抵抗を試みた。

明治元年(1868)年9月4日、会津城下に来襲した新政府軍は如来堂に立てこもる新選組に激しい攻撃を加え、新選組は全員が死亡したと伝えられた。しかし斎藤一ほか数名は生き残り、斎藤は会津藩が降伏した後も戦おうとしていたが、藩主・松平容保の説得を受け、ようやく武器を置いた。

斎藤は、下北半島へ「島流し」となった会津藩(斗南藩に改名)諸士と行動をともにし、その後は東京で警視庁に入り、西南戦争にも従軍した(→斎藤一)。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (会津の城下町から西にはずれた田園地帯の中に如来堂がある(道路左脇の木立の中))

 

 (ここで新選組の同士たちが討死した)

 

 (「新選組殉難地碑」の裏側)

 (説明板)