気まぐれ人物伝
とうどうへいすけ 弘化元年(1844年)〜 慶応3年(1867年)

略歴

弘化元年(1844年)江戸で生まれる。

千葉周作道場で北辰一刀流を学び、目録免許を得る。その後、近藤勇の試衛館に学ぶ。

試衛館の同朋とともに「浪士組」に参加し、京へのぼる。新選組では八番隊隊長副長助勤をつとめる。最年少ながらも新選組の幹部として活躍。

池田屋事件では4名の突入メンバーの一人として、尊攘派浪士と戦ったが、途中で負傷し離脱。

新規隊員募集のため江戸に下り、伊東甲子太郎を入隊させる。

伊東甲子太郎が新選組を離脱し、「御陵衛士」を結成。藤堂も行動をともにし、新選組から脱退する。

近藤の命により、伊東は暗殺される。放置された遺体を引き取りにきた藤堂は、待ち伏せしていた新選組隊士により斬られて絶命。享年24。

生涯

銘刀を差した斬り込み隊長

藤堂平助−−小柄な美少年。勇猛な斬り込み隊長。伊勢国の津藩主・藤堂高猷(とうどうたかゆき)のご落胤と噂されるほどの尊貴ないでたち。学問もできる。こうなれば町娘たちにもさぞもてたのではないだろうか。ただ近藤からは品行を正すよう注意されていたとの話もある。

ご落胤説が正しければ、平助は、かつて秀吉・家康のもとで活躍した戦国武将・藤堂高虎(とうどうたかとら)の子孫ということになる。藤堂平助が拝領した刀が、平侍が持つことができないような業物(藩刀鍛冶・上総介兼重作)であったことも、この説を支持する傍証とされているようだ。ただしこの銘刀は、池田屋事件での長時間の激闘でボロボロになってしまった。

新選組へ入隊

平助が最初に学んだ剣は、千葉周作の北辰一刀流。そこで目録を得たあとに、近藤勇の試衛館に出入りするようになった。その後、試衛館の近藤以下弟子・門下生ともども、浪士組に参加し京都へのぼった。

新選組では副長助勤、八番隊隊長をつとめた。

平助は小柄な体格ではあったが、勇敢でいつも真っ先に敵に斬り込んだことから、「魁先生(さきがけせんせい)」の異名をとったという。

(東京・新宿区の試衛館跡)

池田屋で負傷する

尊攘派の浪士たちを襲った池田屋事件では、近藤勇、沖田総司、永倉新八とともに突入部隊に加わり、魁先生の面目を躍如した。 近藤は一階の客間、沖田は二階、永倉は土間・台所、そして藤堂平助は中庭付近を持ち場にして、浪士たちと死闘をくりひろげた。藤堂は果敢に戦い続けたが、鉢金(はちがね)を打ち落とされ、額を割られる深手を負ってしまった。(鉢金=ハチマキに似た金属製防具)

額から流れ出る血が眼に入り、戦闘不能におちいった平助は、戦場を離脱したが、その働きは幕府、会津藩からも評価され、褒奨金を受け取っている。

(京都・池田屋跡)

池田屋の見取り図

伊東甲子太郎を入隊させる

池田屋事件が起きたのは、元治元年(1864年)の6月5日。そして翌月の7月19日には、池田屋事件に憤慨した長州藩が京都御所に攻め入る「禁門の変」が勃発し、新選組も天王山の戦いに参陣している。傷の回復がどの程度だったかは不明だが、平助も参加したという。

その後、平助は新規隊員募集の命をおびて京都をはなれ、江戸に下向した。 江戸では、その後の平助の運命を左右する男・伊東甲子太郎(いとうかしたろう)を勧誘することに成功した。じつは藤堂平助と伊東甲子太郎とはかねてより昵懇(じっこん)の間柄で、平助が試衛館に入る前には、伊東道場に通っていたともいわれる。

伊東甲子太郎は近藤に伴われて、平助より先に上洛した。その後おくれて平助も京都に戻ったが、新しい屯所(西本願寺)に着いた平助は、自分の留守中に思いもよらぬ事件が起こっていたことを知る。山南敬助(やまなみけいすけ)が新選組の掟を破った罪をとわれ、切腹させられていたのである。

伊東甲子太郎、山南敬助について

若き藤堂平助のだれよりも早い晩年を語るうえで、このふたりの存在は欠かせない。

伊東甲子太郎はもとの名を鈴木大蔵(すずきおおくら)、常陸国の出身で水戸学を学び、尊皇攘夷思想に深く傾倒していた。いっぽうで剣道にもすぐれ、北辰一刀流の伊東誠一郎門の道場主でもあった(師家の婿養子に入ってこのとき伊東に改姓)。武辺者の多い新選組のなかで、藤堂平助は文武にすぐれた若者だったが、伊東はその平助が心酔するほどの智勇兼備の人物だったのだ。

新選組は、もともと建前としては「攘夷」のために集められた兵力だった(国を守るという意味での攘夷といったほうが適切かもしれない)。そして立場としてはあくまで幕府側(会津藩支配下の組織)である。しかし伊東の考え方は、攘夷という点では共通しているものの、立場は「尊皇」つまり朝廷第一主義だった。

当時は、公武合体が趨勢だったからその矛盾がそれほど目立たなかったが、しだいに伊東と新選組のトップとの間の乖離(かいり)が進んでいく。 なぜなら攘夷を突き詰めていくと、「このままの(幕府主導の)政治体制では攘夷は不可能、つまりは倒幕」ということになっていくからだ。そして伊東は結局新選組を離脱し、御陵衛士(ごりょうえじ)という組織をつくることになる。

山南敬助(名字は「さんなん」とも)は、仙台藩出身の浪人で、江戸・千葉周作の道場で北辰一刀流を学んだ。平助の同門であり先輩である。他流試合で試衛館の近藤に敗れるが、近藤の人物に惚れ込み、試衛館の仲間入り。やがて土方と同位の新選組の副長というポジションにつくが、病気になったり伊東甲子太郎という俊英の参入により、存在感がうすれていく。

ついに新選組からの脱走を試みたが、沖田に連れ戻され、隊規を破ったかどで切腹させられた。

山南はだれとも親しく交われる温厚で人のよい人物だった。沖田も藤堂も彼の人柄を慕っていた。しかし山南が切腹したときその介錯を命じられたのは沖田だった。

伊東甲子太郎とともに新選組を離脱

慶応3年(1867年)3月、勤王倒幕の思いを強くもつ伊東甲子太郎は、新選組からの離脱にふみきる。亡くなった孝明天皇陵の護衛を拝命したということと、薩摩・長州の動きを探索して新選組に協力するという名目で、新たな組織をつくったのだ。その名は御陵衛士(ごりょうえじ)。屯所を東山の高台寺に置いたことから、高台寺党(こうだいじとう)ともよばれた。

(京都・高台寺の御陵衛士屯所跡)

高台寺党には、新選組から引き抜いた14名が加入し、伊東甲子太郎の思想に心酔していた藤堂平助もその中にはいっていた。しかし平助が新選組からの離反を決めたのはそれだけではない。敬愛していた山南敬助が切腹させられたことで近藤ら首脳部に不信感をいだいていたのだ。

新選組から高台寺党に移った隊士には、平助のほか、甲子太郎の実弟である鈴木三樹三郎(すずきみきさぶろう)(三木三郎)、斉藤一(さいとうはじめ)などがいたが、この新選組随一の使い手で知られた斉藤一こそ、高台寺党に送り込まれたスパイだった。

近藤・土方は、伊東甲子太郎をまったく信用していなかったのである。

かつての同朋に斬られ最期を遂げる

スパイとして送り込まれた斉藤一は、高台寺党の様子を逐一、新選組の近藤・土方に通報していた。そしてついに伊東甲子太郎の恐るべき計画が明らかとなった。

新選組を襲って近藤と土方を殺害し、隊士たちをまるまる高台寺党に取り込もうという陰謀である。

このことを知った近藤たちはすぐさま伊東の暗殺を決意。北辰一刀流の使い手である伊東を確実に殺すため、口実をもうけて近藤の妾の屋敷に伊東を招待し存分に酒を飲ませた。そして帰宅途中の七条油小路(あぶらのこうじ)で、命を受けた隊士が伊東を刺殺したのである。

そして新選組は伊東を現場に放置し、他の高台寺党員が遺体を引き取りにくるのを待ちかまえていた。

伊東が遭難したという急報を受けた藤堂平助は驚愕し、新選組の待ち伏せ戦術を見抜きながらも、座していることはできずに同志7人とともに現場に向かった。そして伊東の遺体を駕籠に乗せて運びだそうとしたときに、数十人の新選組隊士たちに包囲され、各員抜刀して斬り合いとなった。

このとき、「藤堂は惜しい人材であるから、できれば殺すな」という近藤からの命を受けていた永倉新八は、平助を逃がそうとしたが、新入りであった三浦常三郎という隊士が、背後から平助を斬りつけ、振り向いたところに致命傷となる顔面への一撃を受けたという。

この「油小路の変」で、平助をふくむ3名の遺骸は2日そのまま捨て置かれたあと、新選組が収容し葬られた。享年24。墓は戒光寺(かいこうじ)にある。

(油小路の変発生地(京都・七条油小路))