気まぐれ人物伝
さいとうはじめ 天保15年1月1日〜大正4年9月28日
(1844.2.18〜1915.9.28)

略歴

明石藩足軽の子として、江戸に生まれたとされる。本名・山口一。

喧嘩の相手を殺害し、京都へ逃げる。現地で新選組に加入。「もっとも腕の立つ男」とも言われる。副長助勤、三番組長を歴任。

伊東甲子太郎が新選組を離脱して、高台寺党を結成すると、斎藤も参加。しかし実はスパイの密命をおびていた。

新選組壊滅を狙う伊東の経略を、新選組に通報。このため、伊東、藤堂らが新選組の手にかかって討死する(油小路の変)。

鳥羽伏見の戦い、甲陽鎮撫隊での甲府戦に参加する。これらの戦いに敗れると、土方らと相前後して会津へ向かう。

会津戦では、途中で仙台へ(のち蝦夷へ)向かった土方と別れ、最後まで会津藩のために戦いつづけた。

明治10年(1877年)に警視庁警部補となる。西南戦争に参加。抜刀隊として活躍。

東京教育博物館、女子高等師範学校などで警備の仕事を行う。大正4年(1915年)に、胃潰瘍がもとで死去。享年72。

生涯

寡黙の剣士・斎藤一

斎藤一(さいとうはじめ)は、口数の少ない男であったようだ。永倉新八(ながくらしんぱち)と同様、大正の世まで生きたが、彼の生き様は、新選組と行動をともにしていた時期以外は、ほとんどわかっていないのが実情である。

永倉が、明治以後に賊軍扱いされた新選組の名誉回復のため、書物を著したり新聞社の取材に積極的に応じたり、また、近藤・土方の慰霊碑を建立した りしたのとは対照的である。

斎藤は、新選組にあっては黙々と人斬りの仕事をこなし、戊辰戦争では黙々と会津藩のために戦い、明治に入りやがて「旧悪」がゆるされると、今度は黙々と明治政府のためにはたらいた。

斎藤は、沖田総司よりも若かったが、その剣の腕は新選組随一であったともいわれる。寡黙なだけに凄みが感じられる男であるともいえよう。

京都で新選組入隊

斎藤一は、播州・明石藩の足軽だった山口祐助が、江戸に住みついたときに、二男として生まれたという。初名・山口一。1月1日の夜遅く(本当は2日になっていたらしい)に生まれたので「一」。山口一はこの後、斎藤一、山口二郎、一瀬伝八、藤田五郎と改名していくが、みな名前に数が入っている。斎藤は数が好きだったのかもしれない。

斎藤は、近藤勇の試衛館(しえいかん)道場にちょくちょく出入りしていたため、試衛館の仲間たちとは顔なじみだったらしい。しかし最初から行動をともにしていたわけではない。少年のころから天才的な剣術使いだった斎藤は、江戸で旗本の武士を喧嘩の末に斬り殺してしまったため、京で剣術道場を開いていた知り合いの家へ逃げ、のちに、京にのぼってきた浪士組(のち新選組)の隊士募集に応じて入隊したということだ。しかし幕府の役人から逃げていた者が、幕府側の組織に身を投じたりするだろうか、という疑問はある(浪士組に参加した者は、一定の前科を赦免されるという制度はあったそうだが)。

高台寺党のスパイとなる

それはともかく、新選組局長の近藤は、斎藤の腕と度胸をたかく買い、20歳という若年にして副長助勤、のち三番組長、剣術師範に抜擢した。

池田屋事件では金10両および別段金7両を受領しているから、それなりの貢献をしたと思われる。また、薩摩藩と通じていた疑いのあった新選組隊士で甲州流の軍師・武田観柳斎(たけだかんりゅうさい)らの暗殺にも関わったといわれる。草創期にあっては、芹沢鴨(せりざわかも)の暗殺にも加わった。

そして、勤王派であった伊東甲子太郎(いとうかしたろう)が、高台寺党(御陵衛士(ごりょうえじ))を結成し、伊東に心酔していた藤堂平助らを引き抜いて新選組を離脱したときには、斎藤もこれに従って伊東のもとにはしった。

が、これは近藤の仕組んだワナだったのだ。斎藤は近藤の命を受け、スパイとして高台寺党に潜入したのである。腕が立つ一方で、性格的に地味な斎藤は諜報員として重宝したのかもしれない。

そんなこととも知らず、勤王家の伊東は新選組攻略計画をすすめていた。新選組の屯所を襲い、首魁の近藤と土方を殺し、隊員たちをごっそり高台寺党へ取り込むのである。伊東は文武にすぐれ弁舌にもたけた人物で、新選組内にも多くの信奉者がいた。最近の近藤の増長した態度から、首脳部に一線を画していた永倉新八や原田左之助らも、理を話せば自分に力を貸してくれるだろう。そんなつもりでいたのかもしれない。

しかし律儀な斎藤は、伊東と共にありながらその思想に影響されることもなく、伊東の陰謀を近藤たちに伝えるべく高台寺党を脱出した。逃げるときに金子(きんす)を盗み出したため、高台寺党では「斎藤は金ほしさに逃亡した」と思われた。最後まで斎藤がスパイであることに気づかなかったのだ。

したがって、伊東が近藤に呼び出されたとき彼は何の疑いもなく、酒の席に上がり、不用心にも深酒をして(させられて)しまった。そして、帰り道に伊東は襲われて殺害され、遺体を引き取りにきた藤堂も待ち受けていた新選組の隊士に命を奪われてしまったのだ(油小路の変)。

こうして高台寺党はあっけなく壊滅。斎藤の手柄はこの上もなく大きなものだ。もし、幕府の大政奉還が成功し、徳川家が権力を握り続けていたなら、新選組も斎藤もそのまま相当な地位についていたに違いない。しかし歴史はそうはならなかった。

(京都・高台寺の御陵衛士屯所跡)

会津藩のために義をつらぬく

大政奉還策による徳川家の温存計画をつぶすべく、薩長連合は朝廷から「倒幕の密勅(みっちょく)」を得て、旧幕府軍との間に鳥羽伏見の戦いが開始される。斎藤たちの新選組は敗退し、江戸へ戻り、さらに甲州へ出兵するもまたもや連敗。近藤が流山(ながれやま)で捕まると、斎藤は会津へ向かった。斎藤はここで会津藩と運命を共にすることを覚悟しただろう。

しかし、斎藤は白河城をめぐる戦い(白河口の戦い)で指揮官をつとめるも敗れ、また母成(ぼなり)峠の戦いでも敗れて、新政府軍は国境を突破、一気に若松城下(現・会津若松市街)へ押し寄せてきた。

このころに江戸で別れたきりの土方歳三と再会したが、会津を捨てて防衛線を北へ移動させようとする土方に反対し、斎藤はあくまで新選組の主であった会津藩に殉じようと決意したのだった。そして新政府軍に包囲された会津軍は鶴ヶ城(つるがじょう)(若松城)へ籠城。斎藤は城外で果敢に新政府軍と戦い続けた。

しかし奮闘むなしく、1か月の籠城の後、会津藩は降伏(このときに白虎隊(びゃっこたい)の悲劇も起きる)。斎藤はその後もわずかの人数で如来堂にたてこもり命尽きるまで戦うつもりだったが、松平容保(かたもり)からの説得を受けてようやく武器を捨てた。

(会津・如来堂)

西南戦争で抜刀隊として活躍

この後の斎藤の足取りは定かではない。会津藩はまるで藩ごと島流しにされたように、下北半島の小さな土地に改易され、斗南(となみ)藩と名付けられた。斎藤も一時期この地に移住している。

その後、大目付・高木小十郎の子女である時尾(ときお)と結婚。松平容保から「藤田五郎」の新しい名も授けられた。3人の息子にもめぐまれた斎藤は、心静かに第二の人生を送ることもできたはずだ。

しかし東京に移住して警視局(警視庁)に奉職した彼には、またもや戦士の仕事が待っていた。

明治10年(1877年)2月に、九州で西郷隆盛の反乱すなわち西南戦争が勃発し、警部補となっていた斎藤は「抜刀隊(ばっとうたい)」として参加し、大活躍をしたのである。戊辰戦争で薩長軍にさんざんやられた新選組の一員として、心中で溜飲を下げる思いだったかもしれない。

警視庁を退職したあとは、東京教育博物館、女子高等師範学校などの警備関係の仕事についた。彼が世を去ったのは大正4年の秋の日であったが、胃潰瘍を悪化させ死期をさとった斎藤は、座布団の上に正座し、そのままの姿勢で波乱に満ちた人生を終えたという。幕末の記憶も薄くなりなんとする世にあって、なんとも武人らしい最期といえるだろう。

(会津・阿弥陀寺にある斎藤一の墓)