地図と写真で見る幕末の史跡
下関の史跡 京都の史跡 会津の史跡 江戸の史跡 横浜の史跡 鞆の浦の史跡 高知の史跡 鹿児島の史跡 霧島の史跡 長崎の史跡 萩の史跡 板垣退助 皇女和宮 徳川慶喜 高杉晋作 近藤勇 土方歳三 沖田総司 永倉新八 斎藤一 藤堂平助 幕末トラベラーズ
>>>或旅人の戯言
■「タイムマシン」の可能性!?

物理学界をゆるがすとんでもないニュースが飛び込んできました。なんと、ナゾの素粒子とされてきたニュートリノが、光の速度よりも速く飛ぶことができるというのです!!

この驚くべき報告を行ったのは、スイス・ジュネーブにある欧州合同原子核研究機関(CERN)の実験グループで、日本の大学のメンバーもこれに参加しているということです。

実験グループによれば、CERNの加速器でニュートリノを打ち出し、イタリアまで730キロメートルの距離の移動にかかる時間を計測した結果、光の速度より0・0025%速く飛んだことがわかったそうです。

もし、この観測結果が事実ならば、相対性理論の基礎となっている「光の速度が宇宙で最も速い」という前提がくずれ、物理の世界を根底からゆるがす事態になることでしょう。

光より速く飛ぶということは、過去に向かって走ることができるということを意味します。

たとえば、東京を正午12時に出発する新幹線が、新大阪に午後2時30分に着くとします。これは現在の技術で可能なごく普通の移動の仕方ですが、もしこの新幹線を好きなだけスピードアップすることができるとすれば、当然到着時刻は早くなっていきます。ロケットなみのスピードになれば、12時に出発して、12時1分に着くことも可能でしょう。

そして、仮に光のスピードになれば、12時に出発した新幹線が新大阪に着く時刻は、同じ12時ぴったり。つまりノータイムで新大阪に着くことになります。(ただし、ノータイムなのは新幹線に乗っている乗客にとって、ということであり、外から見ている人にとってはごくわずかながら時間がかかります)

そして、さらに光のスピードを超えれば、12時に出発した新幹線が新大阪に着く時刻は11時50分!ということも可能になります。所要時間がマイナスになり、つまり時間をさかのぼることになるのです!

時は過ぎゆく一方。人生は短く、あれよという間に歳をとる一方…となげく必要はなくなるかもしれません。「ひかり」より速い列車を「のぞみ」と名付けたのは、JRの先見の明でしょうか。

しかし実際は、残念ながらたとえニュートリノが超光速粒子であったとしても、それを利用して人間が過去にさかのぼることは、まず当分は(..?)不可能でしょう。

ただ、なんらかの形でニュートリノの運動を利用して、過去の情報を取り出すことができる日が来るかもしれません。深海に探査船をもぐらせて知られざる海中の情報を探すように、時間の海の中を遡らせて、深淵に隠れた歴史の真実を引き揚げ、白日のもとでそれをじっくりと眺めるときが来るかもしれません。そうしたことを想像するだけでなんだか楽しくなってきますね。

(残念ながらこの実験については、後日測定装置などの不備が発覚し、ニュートリノのスピードが光より速いという観測結果は誤りだったことがわかりました。相対論の研究者たちは一様に胸をなでおろしたことでしょう。歴史の真実はそう簡単には明かされないということでしょうかね)

[2011.9.24]
-----------------------------------------------

>>>「幕末トラベラーズ」について

いつも「幕末トラベラーズ」をご覧いただきありがとうございます。

当サイトは、幕末という激動の時代を生きた旅人たちの足跡をわかりやすくまとめたいとの思いで作成したものです。

※このサイト内コンテンツの無断転載はお断りします。(当サイトのコンテンツ(文章・写真・図版等)は、出版物に使用する可能性があります)

※コンテンツにつきましては、細心の注意を払って作成しておりますが、万一、内容の誤りや不備によって閲覧された方が損害を受けられても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。

※サイト内のページへは、ご自由にリンクしていただいて結構です。

※サイトの管理人へのご連絡はこちらからどうぞ。

幕末トラベラーズ管理人 bakutora2号