山口・湯田温泉

Google Map

「松田屋」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

松田屋は、延宝3年(1675年)創業の老舗旅館(現在の名称は「松田屋ホテル」)。幕末期には藩内外の多くの志士・要人たちが逗留したことで知られ、現在の建物・庭園も明治〜大正期に整備・保存されていて、文化庁の登録記念物にも指定されている。

敷地・館内には、「西郷・木戸・大久保会見所(南洲亭)」「七卿落ち遺跡」「高杉晋作憂国の楓跡」「維新の湯」「明治維新資料室」など幕末関連の史跡・資料が残されている。

万延元年(1860年)に御影石でつくられた「維新の湯」は家族風呂として利用が可能。文久3年(1863年)山口に来訪した坂本龍馬もこの湯につかったとされる。

関連ページ

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

(松田屋は県道204号線(旧国道9号線)の湯田温泉通りに面している)

(正面玄関)

(庭園の傍らに立つ東屋「西郷・木戸・大久保会見所(南洲亭)」)

(「西郷・木戸・大久保会見所(南洲亭)」)

(回遊式日本庭園も老舗旅館の見どころのひとつ)

(明治維新資料室。錦の御旗のレプリカや西郷・木戸・大久保の書などが展示されている)