STATION

流山駅

(ながれやまえき)

流山市流山

↑クリックで拡大 →流山の史跡マップ

流山駅は、JR常磐線・馬橋駅を起点とする流鉄流山線の終点。都心からさほど遠くない地でありながら昭和レトロな雰囲気をもち、印象深いユニークな駅として「関東の駅百選」にも認定されている。

Google Map

「流山駅」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

流鉄流山線は、JR常磐線の馬橋駅と流山駅とを結ぶ単線の鉄道路線。1916年(大正5年)に「流山軽便鉄道」として営業が開始され、農村地帯の流山と東京方面との旅客・貨物の往来に貢献した。営業距離は5.7km。

小規模ながらも流山町民の足として貴重な存在であったが、2005年つくばエクスプレスの開業により、流山おおたかの森駅から都心に直行できるようになったため、利用者数が大きく減ってしまった。このため駅前はローカル線的な雰囲気がさらに増している。

駅前には、「近藤勇・土方歳三離別の地」の案内板がある。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (駅舎は大正時代の開業時に建てられたものが、幾たびかの改修を経て現在に至っている。シンプルな外観に往年の面影が感じられる)

 (平日の昼間はじつに閑散とした佇まい)

 (かつては流山駅から万上味醂(キッコーマン)工場へ直接通じる引き込み線があった。引き込み線の跡は道路となったが、現在も地図上にその湾曲型の痕跡を残している)

 (駅前広場の向かい側には、新選組の案内板が設置されている)

 (「近藤勇・土方歳三離別の地」の案内板)