流山

Google Map

「新選組流山本陣跡」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

慶応4年(1868年)3月、甲州勝沼で新政府軍に敗れた新選組は江戸に撤退後、五兵衛新田(綾瀬)の金子家に入り、募兵活動と軍事教練を行った。ここで隊士は200名以上となり、4月2日の未明に丹後の渡しから江戸川を渡って流山に入った。そして酒造家・長岡屋(当時は味噌屋とも呼ばれていた)を本陣とし、光明院や流山寺を分宿地とし、早速ここでも隊士たちは野外訓練を開始した。

当初、新選組は天領・流山のすぐ北に接する田中藩本多家(飛び地)の陣屋(現・流山市立博物館のある場所)を占拠し勢力を増強させる目論みだったといわれている。が、こうした計画もすぐに破綻してしまった。近藤勇や土方歳三が予想もしない速さ、すなわち新選組が流山入りした翌日に官軍が流山に到着し、あっという間に本陣周辺を包囲してしまったのである。

官軍の斥候をつとめていた薩摩藩士・有馬藤太(ありまとうた)は、守備の手薄な本陣に現れて近藤(もしくは土方)に尋問したが、このとき近藤は「大久保大和」(土方は「内藤隼人」)という変名を用い、組織の名称も「鎮撫隊」と称して敵方を欺いていた。官軍に対抗する勢力ではなくあくまで地域の治安秩序を守るための集団であるとしていたのである。そしてまずは武器弾薬を差し出すよう要求した有馬に対し、恭順してその準備のための猶予を請うた。

このとき近藤はもはやこれまでと観念し、新選組の統括者として責任を取って自刃しようとしたが、土方はそれを制止して官軍に出頭し釈明することでこの場を切り抜け、他日の挽回をはかることが得策であると主張した。近藤もこれを受け入れて、ひとり官軍方に身を投じることを決意した。

近藤は3日の夜(もしくは4日)に官軍に投降し、矢河原の渡しでふたたび江戸川を渡った。だがまもなくその正体がかつて反幕府勢力を弾圧した「新選組局長・近藤勇」であることが露見し、板橋の東山道軍総督府に護送され、ついに4月25日現地にて処刑された。一説によれば官軍側は最初から大久保大和と名乗る男が近藤ではないかと疑っていたが、捕捉を円滑にするためあえて気づかぬふりをしていたとも言われている。

(後年、『有馬藤太聞き書き』としてまとめられた書物によれば、有馬藤太はかねてより近藤を見知っており、大久保大和として応対しながらもつい「近藤さん」と口に出てしまいそうで困ったと回想している(中村彰彦『新選組全史』)。また有馬は近藤を処刑することに強く反対したといわれている)

こうして流山は、「近藤と土方の離別の地」となった。一方、土方は近藤の救出を期して勝海舟に会うため江戸に向かった後、宇都宮、会津と転戦、箱館・五稜郭の戦いで最期を迎えることとなる。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (本陣跡は、旧流山街道の表通りと裏通りをつなぐ路地の中ほどにある)

 (新選組が本陣を置いた酒造家・長岡屋の跡)

 (長岡屋の蔵は当時のものではなく、道路に面して碑や説明板のみが立っている)

 (本陣跡の説明板)

 (石碑もつくられている)

 (長岡屋にあった階段は、流山市立博物館に展示されている。近藤、土方はこの階段を上り下りしたのだろうか)