関東

Google Map

「箱根・塔ノ沢温泉」は、地図上のマークがある付近です。

HISTORY

仁孝天皇の娘であり孝明天皇の妹である和宮親子内親王は、幕府と朝廷の公武合体政策のため、文久2年(1862年)2月、14代将軍・徳川家茂のもとに嫁いだ。夫婦仲はよかったが、夫・家茂が慶応2年(1866年)、第二次長州征討のため出陣中に大坂城で死去したため、落飾して静寛院宮(せいかんいんのみや)と称された。

王政復古後、新政府軍が江戸城攻撃へ東征をすすめると、和宮は有栖川宮総督に嘆願文を送るなど婚家の徳川家の存続のため力を尽くした。姑の天璋院篤姫とは大奥での出会いの当初は「ライバル」としての確執があったものの、徳川家の苦難の時節を共有するうちにうち解け、維新後も親しく交流がつづけられていたといわれている。

明治2年(1869年)京都に里帰りし4年ほど滞京したあと東京に戻る。明治10年(1877年)脚気で体調をくずし、塔ノ沢温泉の環翠楼で療養生活を送っていたが、9月2日に32歳で亡くなった。

環翠楼は、慶長19年(1614年)に箱根・塔ノ沢に湯治場「元湯」として開かれた。水戸光圀が来訪したとの記録もある。近代では、なき和宮をしのぶ旅の宿とした天璋院(和宮を見舞うために箱根に向かったが到着時には亡くなっていたとも)や、伊藤博文、孫文、夏目漱石、菊池寛といった政治家、文人など数多くの著名人が逗留した。

PHOTO

(写真クリックで拡大します)

 (江戸初期からつづく塔ノ沢温泉の老舗旅館・環翠楼は、明治時代ここを定宿としていた伊藤博文によって命名されたという)

 (開湯当時から「元湯」の名称で湯治場が営まれていた)

 (傍を通る国道1号線)

 (塔ノ沢温泉はいわゆる箱根七湯のひとつ。おなじ箱根越えでも旧東海道とは異なる道筋をとる。旅行客の便宜をかんがえ、旧東海道ではなく箱根七湯ぞいの道を国道にするよう主張したのは福澤諭吉という)

 (「君が齢(よわい) とどめかねたる早川の水の流れもうらめしきかな」と、天璋院が和宮の早すぎた死をくやみ、落涙とともに詠んだという早川の流れ。そのせせらぎの音色は今も湯治客に癒しをもたらしてくれる)